Loading

ピューリスト対応スタイルについて

開発のキッカケは、お客様の声から

当店は、テイジン「ミクロガード®」カバーの代理店として、従来から発売のテイジンオリジナルのミクロガード®カバーと「ピューリスト対応スタイル」のカバーの双方をご案内し、お客様の希望されるスタイルのカバーをお求めいただいています。

「ピューリスト対応スタイル」カバーを考案するに至ったキッカケは、以下のような、お客様からいただいた声の集約でした。

  1. 1.ジッパーが足元の短い方向についているため布団を中に入れにくい
  2. 2.カバーの中でふとんが偏りやすい
  3. 3.カバーを二重に掛けたい
  4. 4.えりの部分が汚れやすい

当店では、これら4つの問題を重要なものと捉え、解決に向け、開発を重ねました。

ミクロガード®カバー 4つの問題 解決へ

1.ジッパーが足元の短い方向についているため布団を中に入れにくい

ジッパーの位置を縦方向にしました
ジッパーの位置
ジッパーの位置をタテ方向に
  • ジッパーの口が大きくなり、布団をカバーに入れやすくなりました。
  • カバーを上・下・表・裏の4方向で使用が可能となりました。また、耐用年数の増加にも効果的です。

2.カバーの中でふとんが偏りやすい

布団とカバーを結ぶ「テープ(留めひも)」を増やしました
テープの数
テープの数を8つに
  • テイジンオリジナルスタイルでは、当時、内側に6つだけでした。
    そこで、ピューリスト対応スタイルには、8つのテープ(留めひも)を付けました。
    これにより、布団とカバーのズレや偏りが少なくなりました。

3.カバーを二重に掛けたい

カバーの外側にも、「ループ」を付けました
ループを取り付け
カバーの外側に6つのループを
  • 外側に6つのループを付けることで、ミクロガード®のほかに、もう一枚カバーを装着することが可能になりました。
    その場合、当店では、高密度の超長綿カバーを使用されることをおすすめしています。
    発汗の多い方、顔や首などにワセリン等油性の薬を塗付される方など、どうしてもミクロガード®カバーの肌触りに馴染めない方には、この使用方法は、おすすめです。

4.えりの部分が汚れやすい

カバーの外側の「ループ」に、えりカバーが装着を可能にました
襟カバー装着例
掛けふとんカバーの上下にえりカバーを装着した例
掛ふとんへの襟カバー装着例
掛けふとんカバーの表裏にえりカバーを装着した例
  • えりカバーを装着できるように、カバーの外側6箇所にループを付けております。
    大きめのえり布を(えり布には4隅と中間部の左・右にテープを着ける)双方を結びえりカバーとして使用すれば、えり部の汚れ防止になる上装着も簡単。
    えりカバーは表・裏どちらも使用できます。

これらの問題をクリアして開発したのが、ミクロガード®カバー「ピューリスト対応スタイル」です。
ミクロガード®プレミムの生地を独自の仕様に改良したものになります。
カラーは、ベージュのみとなります。サイズの特別注文も承れます。

ピューリスト対応スタイルとテイジンオリジナルスタイルについて

ミクロガード®ふとんカバーは、ヤサカ産業が独自のノウハウで改良を加えたオリジナルのピューリスト対応スタイル(実用新案登録済)テイジンオリジナルスタイル(テイジンのオリジナル製品)の販売を行なっております。

ふとんカバーのスタイル比較

ピューリスト対応スタイル
ピューリスト対応スタイル解説
  • ジッパーは広い縦方向にあるのでふとんを出し入れしやすく、上下表裏に関係なく使用可能
  • 内側の留めひもが8カ所あるのでふとんがズレにくい
  • 超長綿カバーを重ねて三重の防ダニ・防塵対策も可能な6ヵ所のループ付
  • ジッパー部分には、ダニの侵入を防ぐかぶせがある
ロープ拡大
ループの拡大図
テイジンオリジナルスタイル
テイジンオリジナルスタイル解説
  • ジッパーは、ダニ・ホコリを吸いこまないよう口や鼻から最も遠い、足元に配置
  • ジッパー部分には、ダニの侵入を防ぐかぶせがある
Teijin
テープ拡大
テープの拡大図

※敷きふとんカバーには、テープ・ループは、付いておりません。

ボックスシーツの特別サイズやクッションカバーなどの特注品を購入希望のお客様へ

オリジナルサイズ・特注品のご案内

ミクロガード®カバー商品一覧

ミクロガード®掛けふとんカバー

ミクロガード®敷きふとんカバー

ミクロガード®ボックスシーツ

ミクロガード®枕カバー