ほっとくと大変!布団で寝たら体が痛い理由

目安時間:約 9分

腰が痛い!

腰痛持ちの方は全国で約2800万人!もいる

 

この数字から人口の1/4の方が短期、長期の腰痛を抱えておられることになります
(厚生労働省2015年国民生活基礎調査より)

 

 

腰が痛い原因

 

腰が痛い

 

腰が痛くなる原因はいろいろです

病気から腰痛になることもありますが、理由が特定できない「非特異的腰痛」が全体の85%もあります

どちらのタイプにしろ腰痛が起こったらまず病院へ行き、隠れた病気がないか?を診てもらいましょう
それと並行してなるべく腰に負担のかからない布団で休む様にしてくださいね

 

 

病気が原因の腰痛

 

病気で寝込む

 

 

腰痛に何らかの病気が関与している場合ですが、どんな病気が隠れていると考えられるのでしょうか

 

1・腫瘍・ガン

 

腫瘍やガンが関わっている腰痛の特徴は
徐々に痛みが強くなる・安静にしていても痛い・過去にガンになったことがある・・・です
じっとしていても腰が痛く徐々に痛さが増してくる場合は腫瘍やガンの疑いがあります

 

 

2・感染症

 

感染症が関わっている腰痛の特徴は
高熱・背中の激痛を伴う・微熱がある・安静にしていても痛い・・・です
腰痛は慢性、急性の両方あり全身の倦怠感も感じます
感染性脊椎炎などが疑われます

 

 

3・内蔵の病気

 

内蔵の病気が関わっている腰痛の特徴は
月経時に痛む・高熱と排尿痛・突然みぞおちと背中が痛くなった・・・です
十二脂腸海洋、慢性膵炎、急性膵炎、尿路結石、子宮内膜症、子宮筋腫などのことがあります

 

 

4・その他の病気

 

関節リウマチなどの自己免疫疾患がある為に腰痛が起こる場合がある

腰痛が起こったら、隠れた病気がないか、まず病院に行くことが肝心です
病気でない腰痛の場合でも病院の注射や薬や湿布薬でかなり楽に日常生活が送れる様になります

 

 

病気ではない原因不明の腰痛

 

考察

 

原因が特定出来ない腰痛は全体の85%を占めています

 

つまり、大多数は原因が不明の腰痛なんですね

原因不明と言えど腰痛の起こる要素は幾つか解っています

 

 

原因不明の発症に関わる要因
加齢により筋力が衰えた
悪い姿勢をとり腰に負担がかかった
腰を反ったりひねったりする動作が腰に負担をかけた
重いものを持つ作業をした
運動不足により筋力が低下した
肥満の為、お腹が出て腰が後ろに反った姿勢になっている
タバコに含まれるニコチンの椎間板を変形させる作用により腰が痛い
ストレスや神経質な性格で腰痛になる

 

つまり背骨を支える筋肉が衰えたり、無理な姿勢をとり続けると腰への負担が掛かり、腰が痛くなるのです

 

睡眠時は腰に負担をかけないで!

横向きで寝る

 

私たちは1日24時間の内の1/3は寝ています
そんなに長時間寝ている布団には、こだわりを持って腰に負担のかからないものを選ぶべきです

 

 

では、どんな布団なら腰に負担をかけないのでしょうか?

 

腰に負担をかけない布団とはポイントが2つあって、
寝返りが打ちやすいこと、体重を腰1点に集中しないで分散してくれることです

 

高反発マットレスは寝返りがうちやすい

 

雲のやすらぎ

 

高反発マットレスは沈み込まずに跳ね返す力が強いものを言います
その高い反発力が高反発マットレスの一番の特徴です

 

反発力が強いと寝返りがうちやすいというメリットがあります
高反発マットレスは、寝たときに体があまり沈み込まず、寝返りが打ちやすいのです

 

そして跳ね返す力が強いので腰に集中してかかる体圧が分散されます

腰に負担をかけないという、2つのポイントが揃っているのが高反発マットレスです

 

 

敷布団・マットレスは雲のやすらぎがおすすめ

当サイトでは「雲のやすらぎプレミアム」という
極上の寝心地が大人気の敷布団(マットレスもある)を詳しく解説しております

 

もし、今使ってる布団の寝心地に満足いかない方や
腰痛・起きた時の体の痛みに悩まされてる方がおられましたら
ぜひ雲のやすらぎをお試しになってください

 

 

※下の記事で雲のやすらぎの紹介をやってます

 

 

低反発マットレスとは?

柔らかいマットレス

 

高反発に対して低反発マットレスは、柔らかいという特徴があります
柔らかいので体がマットレスに沈み込んでしまいます

 

 

沈み込むので寝返りが打ちにくく、寝る体制も変えにくく、腰にばかり体重がかる状態がキープされてしまいます

長時間、同じ姿勢をとり続けることになる低反発は、腰への負担が掛かり、腰が痛くなる元です

 

 

寝返りの大切さ

 

雲のやすらぎを使ってるところ

 

寝返りがなぜ大事かと言うと以下の2つの役割があるからです
2つの役割は腰への負担を減らしてくれます

 

寝返りの役割

・背骨の歪みを矯正する

 

・腰や肩にかかる圧の位置を変える

 

 

背骨の歪みを矯正

 

寝返りは背骨の歪みを矯正する役目があります

例えば柔らかすぎる布団ですと、頭に比べて首から背中・腰からお尻が落ち込みます
落ち込んでいるので、寝返りが打ちにくいです

 

ずっとアルファベットのWのような寝姿勢になって背骨の矯正が出来ません

背骨は解剖学的に見ると、S字カーブを描いた状態が良い状態です

 

 

WとSでは寝る姿勢が全然違います

寝返りで色々な寝姿勢に変えていないと、ずっと同じでは背骨の歪みを正せません

 

 

腰や肩にかかる圧の位置を変える

 

寝返りを打つと、今まで1点で受けていた体圧の位置を変えることができます

寝ている時に、人の体の中で一番重圧がかかるのはです

寝返りを打たないと一番重い腰にずっと重心がかかるので良くないです
寝返りを打って体の重圧の位置を移動をさせましょう

 

 

まとめ

 

痛くて布団から起き上がれない

 

腰痛で辛い場合はまず病院に行き病気が潜んでいないかを診てもらいましょう
病院の適切な判断で薬などで痛みを取らなくてはいけません

 

 

日常に普通に仕事が出来る様に腰を回復させましょう
そして長時間眠る布団は、腰痛に優しい適切なものを選んでください

 

睡眠中に余計な腰への負担をかけないようにお願いします

布団は寝返りがしやすく、体重を腰だけに集中させず分散してくれるものを選ばれると良いです

腰痛に配慮した、特化した布団を選んで腰をよくして頂きたいです

 

 

カテゴリ:布団の話 

カテゴリー
よく読まれてる記事
最近のコメント

ページの先頭へ