六角脳枕とトゥルースリーパーのセブンスピロー枕、どちらが良い?特徴や価格比較

目安時間:約 14分
相違点

六角脳枕トゥルースリーパーのセブンスピロー枕
どちらも良さそうなのだけれど、どちらが良い?

 

両方ともゆったり寝られそうで良さそうな枕です
それに両方とも安心できるメーカーの枕だし・・・迷います

 

両者の共通点相違点を見てみました
どちらが、自分にとって良いのか?参考に致したく、比べました

 

「六角脳枕」と「トゥルースリーパーセブンスピロー」比較一覧表

比較

 

比較しやすいようにまず一覧表にまとめてみました

 

 

比較項目 六角脳枕 セブンスピロー枕
信頼性 米国睡眠医学会の睡眠認定検査技師認定 整形外科医帝京平成大学教授も推薦
通気性 独自の低反発マイクロウェーブ素材で通気性良し ウレタンフォーム素材でムレを抑える
体へかかる負担 どの姿勢でも適度な高さに調整され、首や肩の緊張を緩和 頭から背中までサポート
寝返りのしやすさ W型の凹凸構造」で寝返りしやすい 縦68cm、横90cmと大きいので余裕で寝返り出来る
高さ調節機能 寝返りをしても最適な高さに調整される 高さ調節シート付
税抜き価格 17,182円 16,800円(キャンペーン中は14,800円)
送料 無料 無料
寝付き 保冷剤が入っている(頭寒足熱で寝つきやすい) 特に記載なし
返金保証 有り(30日間使用後) 有り(60日間使用後)
販売会社 ㈱イッティ(ネット店名は一番星) Shop Japan(ショップジャパン)

 

               

 

2者の共通点

共通点

 

2つの枕は上の表を比べてみて、共通点があります
というか、項目ごとに見てみるとパッと見はよく似た枕だなあ・・・という感想を持ちます

 

信頼性有り、通気性よし、体への負担緩和、寝返りしやすい、高さ調節機能アリ、返金保証有り・・・

2つとも低反発枕柔らかい方、と大まかな点は同じです

 

両方ともカバーが付いてくるので、枕が届いたらそのまま使えます

 

 

2者の相違点

 

相違点

 

 

2者の大きく違う相違点を見て見ると・・・

 

寝つきやすさへの工夫

六角脳枕は枕カバーに2つの保冷剤を入れて頭寒足熱を実現しています
頭を冷やし足を暖めると寝つきがよくなる点に着目している訳です

 

保冷剤は冷蔵庫に入れたり面倒なお手入れは不要です
カバーを洗濯する際には、保冷剤を取り外して・・・という点に気をつければ良いだけです

 

価格の違い

税抜き価格が「六角脳枕」17,182円に対して、「トゥルースリーパーセブンスピロー」は16,800円です
今はキャンペーン中なので14,800円と更にお安くなっています

 

もしキャンペーン中の今なら消費税を含めると、18,900円 対 16,280円でその差2,620円となります
両方とも送料は無料

 

(追加)
もし布団とセットならば・・・
六角脳枕の場合3,000円offタイムセールのボタンが一番上に出てきます
布団とセット購入の場合でしか使えませんが、セット購入ならば、これは押したほうが安くなっていいですね・・・

 

寝つきの良さも欲しいし価格は安いに越したことはないですよね

どちらを優先するか?

もっと各商品の詳細を見てみなければ決められません・・・

 

 

「六角脳枕」ってどんな枕?詳細

 

↓画像クリックで「六角脳枕」公式販売店へジャンプ



六角脳枕概要

  • W型の凹凸構造」により、寝返りが打ちやすく、首や肩の緊張を和らげます
  • 独自開発の「低反発マイクロウェーブ素材」使用で頭や首にしっくり馴染む
  • 「特殊保冷剤」入りで、季節問わず頭ひんやり(頭寒足熱の方が快適に眠れる)
  • 米国睡眠医学会の睡眠認定検査技師認定枕
  • 楽天「低反発枕」ランキング連続1位
  • フットサル日本代表の高橋健介選手やスピードスケートバンクーバーオリンピック代表の酒井裕唯選手愛用

 

1・寝返りしやすい

枕が平ではないWの形の凹凸構造・・・

中央部が凸で両サイドが凹んでいる構造なので寝返りをする時、頭と肩がスムーズに移動するんです

寝返りがしやすい枕は、肩や首の負担を軽減してくれるので、肩こりや首こり対策には最適

寝返りがしやすいと呼吸もしやすくなるので、いびき対策にも良い枕です

 

またWの形の凹凸構造は、仰向きでも横向きでも最適な高さに自動で調整されるので、体への負担はかなり少ない枕です

 

 

2・フィットするので落ち着く
独自開発の低反発素材は、使う人の頭や首にしっかりフィットするので違和感なく寝られます

 

 

3・頭寒足熱を実現

六角脳枕カバーには保冷剤が入っていて、頭を冷やし足を温かい状態にすることで、寝付きやすさへの工夫がされています

この保冷剤は特殊構造で体温よりひんやりと感じられる温度なので快眠できます

 

気温変化しにくい保冷剤素材なので、冬でも硬くならず、夏は涼しい

また、六角脳枕は肌触りがなめらかで気持ちいいです

 

 

 

「トゥルースリーパーセブンスピロー」ってどんな枕?詳細

 

↓マットレスと枕のセットの場合は価格がさらにお得になります
トゥルースリーパー セブンスピロー

セブンスピロー枕概要

 

  • 専用カバーが抗菌・消臭仕様
  • 高さ調整シート付き
  • 68cmのロングサポート設計で7つの部位を(頭・首・右肩・左肩・右腕・左腕・背中)を支える
  • 低反発で体圧を分散させるから睡眠中の肩・首の負担を軽減
  • 人間工学に基づくボディーフィットカーブだから、寝ころぶだけで、頭・首・背中のラインを支える

 

 

トゥルースリーパーセブンスピローの項目別特徴はというと・・・

 

 

1・大きい

セブンスピローは大きい、シングルで縦680mm×横900mm×最大高さ90mmあります
背中まで幅があるため、肩や首だけでなく背中まで支えてくれるのでゆったり寝られます

 

支える面積が大きいという事は寝返りがしやすいメリットがあります

 

またシングル、セミダブル、ダブルと3種類の中から大きさを選べます
高さは調節シートが付いているので、シートを入れて高さが低い場合は高くできます

 

サイズ表(高さは調整シートを含まない場合)↓

シングル 縦680mm×横900mm×最大高さ90mm
セミダブル 縦680mm×横1150mm×最大高さ90mm
ダブル 縦680mm×横1400mm×最大高さ90mm

 

 

対して「六角脳枕」は大きさが一定で350mm×500mm×70mm
寝返りに余裕を持たせるために左右が出っ張った六角形になっています

 

 

2・腰痛、首コリには物足りない?

低反発素材なので体にしっかりフィットしますが、横向きの時には首と枕の間に隙間ができてしまう
支えるものがないので首に負担がかかってしまう点が気になります

 

逆に凹凸のある六角脳枕は横向きに寝ると「凹」の部分に頭がハマって支え、結構、安定感がいいのです

 

「セブンスピロー」は肩こり首こり向けという点では考えものです

 

商品説明には 低反発素材使用、体温と圧力に応じて変形するので、様々な体形の方の隙間を埋めて、体にぴったりフィットします

頭から背中まで7つの部位を包み込み、しっかり支えることで、睡眠時の肩や首の負担を軽減することができます

とあるので、一定の腰痛、首コリには良い影響があるものとは思います

 

 

3・高さ調節シート

枕の高さが適切かというのは、仰向けに寝たときの視線で計ります
目線が真上よりやや下に向かっていれば適切な高さと言えます

 

「セブンスピロー」は高さ調節シートがありますが、スポンジのようなシートで若干違和感が有り、気になる方は気になります

 

全体的に見ると「セブンスピロー」は、人間工学に基づく設計「ボディフィットカーブ」を採用していて、頭から、首、背中までのラインを支えてくれる

大きいので寝相が悪い方でも気づいたら枕から落ちているということが無いので寝相の悪い方は安心して寝られます

 

ダブルのサイズもあるので2人で一緒に休まれる方にはぴったりですね

 

 

まとめ

 

2つの枕の特長を比べるとそれぞれの望むことによっておすすめ枕は違います

 

六角悩枕をおすすめの方

 

  • 肩こり、首コリ、腰痛のある方
  • いびきが気になる方
  • 寝つきが悪い方
  • 健康枕をお探しの方

↓画像クリックで「六角脳枕」公式販売店へジャンプ


 

「セブンスピロー」をおすすめの方

 

  • 大きい枕でゆっくり休みたい方
  • 寝相が悪い方
  • 2人で休まれる方
  • 価格にポイントをおきたい方

↓画像クリックで「セブンスピロー」公式販売店へジャンプ


 

2つとも公式販売店からの購入であれば、返金保証が付いているのでお試しで購入する場合は安心です
使ってみたけれど、合わなかった場合は返金保証を使いましょう

 

自分に合う枕は人それぞれです
良い枕で快適な睡眠を手に入れてください

 

 

 

他の枕では極小ビーズを素材にしている「王様の夢枕・抱き枕」があります
触り心地がプニュ~フワア~と気持ちいい

抱き枕は色がカラフルで綺麗、独特の触り心地の良さで癒されます

 

 

「王様の夢枕・抱き枕」の口コミの記事もご参考に・・・↓

 

カテゴリ:枕の話 

カテゴリー
よく読まれてる記事
最近のコメント

ページの先頭へ