どれがいいの?たくさんありすぎて迷う、ムアツ敷き布団の選び方(雲のやすらぎとの比較も)

目安時間:約 23分
のべタイプ

昭和西川のオリジナル商品「ムアツ敷き布団」は種類がいっぱい
どれを選んでいいのか?分からず迷います

 

好きなタイプのマットレスをゲットする為に、ムアツの選び方について見ていきます
最後に雲のやすらぎ比較もしました

 

 

ムアツ布団は歴史がある

 

ムアツ布団って47年も人気を保っているロングセラーよね

 

そう、西川が開発してからずっ~と愛され続けているんだ

 

ムアツ布団は、適度な硬さを持った特殊なウレタンフォームのマットレス

開発当初は長期入院患者の床ずれを防ぐ目的で昭和西川により開発されました

 

昭和46年・北里大学病院の全ベッドに導入され臨床的に使用を試みた結果評価がよかった

床ずれに効果が有るばかりでなく安眠効果もあり病院のベッドに最適という結論に至りました

 

その後、全国医師協同組合連合会の推奨も得られ、昭和49年、一般に健康敷き布団として販売されるようになりました

 

ムアツの特徴

ムアツは元々が床ずれ防止のために考えられたもの

床ずれの原因は・・・

  • 1箇所に体圧が掛かり血液が滞りうっ血する
  • 湿気からくるムレで細菌が繁殖する

解決する為に

 

面で体を支えていた布団を点で支える凹凸構造にした

下向き 矢印
結果、点で支える為体圧が分散され、尚且つ凹凸の隙間が出来たので空気が流れるようになった

 

布団素材を従来の綿からウレタンフォームにした

下向き 矢印
結果、湿気が外に排出されムレにくくなった
綿ホコリがたたなくなった

つまりムアツの良い特徴は
凹凸構造ウレタンフォームの効果によるものです

 

  • 体圧を分散してくれるので腰や肩に負担がかからない
  • 通気性がよくムレない
  • ウレタンなのでワタボコりが出ない
  • ウレタンなので軽くて丈夫(適度な硬さを長期間保てる)
  • 側生地はポリジン加工で抗菌・防臭効果がある
それがムアツ布団の特徴です

 

ポリジン加工の抗菌・防臭性は100回洗濯したあとでも効果が持続するぐらい優れた性能を持っています

(側生地は本体から外して洗濯できます)

 

使い方

ベーシック(スタンダード)

ベーシック(スタンダード)↑ムアツ

 

ムアツは種類により高さは違うけれど・・・

 

フロアタイプなら9cm前後なので、これ1枚だけを敷いて使います

畳やフローリングの上に敷く場合、1枚だけでも床つき感はなく寝心地よく寝られます

 

ベッドパッドの厚みは3cm~9cmほどなので今のマットレスの上に敷いて使います

 

ムアツ布団が向く方

痛くて布団から起き上がれない

 

ムアツが合う人の条件

  • 腰痛対策をお考えの方
    (体圧を分散する為、腰に重圧がかからない)
  • 軽くムレない敷き布団が良い方
    (ウレタン素材と凹凸構造が湿気を逃がす)
  • 寝ている時間が多く床ずれを予防したい
    (病院でも評価が高い敷き布団です)

健康に気をつけておられる方お手入れは簡単な方が良い方にもムアツは向いています

 

  • 素材がウレタンフォームなので、軽い
  • 日陰干しか室内の風通しの良い場所に立てかけるだけで済む
  • 綿ホコリも立たないしダニも寄り付きにくい
 

やっぱり病院で使われるだけあって手間要らずで、衛生的な機能を備えているわね

 

健康面でも良い効果が見られるよ!

 

畳かベッドか

ムアツは種類が多くて何を基準に選べばよいのか?迷います

 

ムアツを選ぶとき、何から考える?

 

まず、どこに敷いて寝るのか?を考えて

 

画像クリックでまずムアツふとんを選ぶ

畳や床に直接敷くフロアタイプのムアツ
マットレスの上に敷いて使うベッドタイプのムアツ
使用場所により選んでください↓


どこに敷くのか?畳?床?ベッド?

 

畳かフローリングに直接敷く⇒フロアタイプ(敷き布団)9cmの厚みがおすすめ
ベッドの上に敷く⇒ベッド(マットレスパッド)高さは3.5cm~9cmほどがあります

 

厚みをチエック

高さ(厚み)がいろいろあるから、高さをチェック

フロアタイプの場合
ムアツの厚さ(高さ)は基本的に8㎝か9cm
わずか1cmの差ですが、この差により耐久性や寝心地にも違いがでてきます

 

ムアツふとんはベッドマットレスなしの1枚で使うのでヘタりにくく、しっかり身体を支える9㎝が人気です

 

ベッドタイプの場合
ベッドパッド
ベッドパッドは厚みがいろいろ有り、3.5cm~9cmほど

今、使っているマットの上に敷くので、お好みで高さを選びます

 

ベッドマットレス
他にムアツとマットレスが一体化した「ベッドマットレス」もあり、これは20cmほどの厚みがあります

 

硬さをチェック

 

硬いほうが良い方はの数が多いものを選んでね

 

ムアツふとんは、適度な硬さを持った特殊なウレタンフォームでできています
その中でも固めが好きな方はマークの数の多いものを選んでください

 

の数でかたさを選ぶ

一番星

ムアツふとんは、種類によりかたさが違います
印が多いほどかためになります

 

例えば、★★なら(ややソフト)
かたさは5段階表記になっています

 

女性や細身~普通体型の方は、ややソフトの★★が無難です
体重が軽いと、反発力はそう強くないほうが寝心地がいいです

 

ソフトでもイメージより寝た感じは、しっかりしたものです
個人的感想ですが、男性でも普通体型の方なら★★2つでいいと思います

体重が十分有る大きい体型の方、またはかなり硬い布団がお好みの方の数が多い硬めのムアツを選んでください

 

硬い=反発力が強いということになります

掛かる体重がかなり重い方の場合、マットが重さで沈むので反発力は強いほうが良いと言えます

 

硬さに関する口コミ

柔らかい

 

硬さの感じ方は人さまざまです
口コミで硬さに関してのものがあったので抜粋させていただきます

 

ベーシック ハード(★★★★4つの硬さ)を購入された方で「最初の数日はかなり固く感じました」というものがありました
口コミでもあるようにムアツは硬めに作られている為、★★2つの硬さで大抵の方は満足できるのでは?と感じます

 

Amazonより抜粋

★★★★★ とりたてて欠点の無い製品だが硬さの選択のみ注意が必要

サイズ⇒シングル ベーシック 硬さはスタンダード★★2つの硬さ)

 

以前使用していた旧バージョンのムアツでは裏面に多少カビが発生してしまっていたが、同じ環境で使用してもカビの気配がないので通気性は向上しているようだ。
また多層構造で土台がしっかりしているためかヘタりづらそうな印象を受ける。
厚みも及第点で、すのこや敷パッドなどの付属品は特に必要ないだろう。
硬さに関してはスタンダードでも旧バージョンのムアツでいう120ニュートンより硬い
硬めが好みという方でも安易にハードを選ばず自身の体重や筋肉量を考慮することをオススメする。
収納性、メンテナンス性も問題なく、価格がやや張ることを除けば体圧分散型マットレスの正統と言える製品だ。

 

★★★★★  予想よりも固めですが

サイズ⇒ セミダブル ベーシック ハード(★★★★4つの硬さ)

 

色々な商品がありかなり迷いました。
この商品自体はお店の売り場に無くてお試しができませんでしたが、他社製品をいくつか寝てみて感触を確認して、決め手は三つ折り、硬さが選べる、有名メーカーで決めました。
カタログ上では2番目の硬さで、手で押したり座った程度ではわかりませんが、最初の数日はかなり固く感じました
好みもあると思いますが、今は慣れまして早く寝付けます。
頭にくる向きを180度回転させてローテーションさせて使っています。
枕も関係してくると思いますが、あとはどのくらい持つかが気になります。

 

さらにニュートンで硬さをチェック

ポイント

ムアツはウレタン部分の構造が2層タイプのものと3層タイプのものがあります
各、層のムアツふとんのかたさ目安も数値化して表しています

 

数字は大きいほど硬めになります

しかし各層のN数値よりマークの数で硬さをチェックするのが正解です

 

ムアツの商品内容を詳しく見ると
上層・中層・下層のN(ニュートン)の数値も表記されています

しかし厚さの40%までの押し込み値なので誤差があり、マークの数で硬さをチェックする方が実用的です

 

参考までに体重とニュートンの目安

体重 ニュートン
50kg以下 ~150N
50~80kg 150N前後
80~100kg 180N前後
100kg以上 200N前後

 

 

ムアツ布団のウレタン部分の構造

 

ウレタン部分は3層タイプ2層タイプがあります
ただパッドは1層タイプのみ

 

ムアツ 2フォーム
2層構造になっているムアツふとんは上層・下層のウレタンフォームの硬さを表した数値が載っています

 

ムアツ 3フォーム
3層構造になっているムアツふとんの、上層・中層・下層のウレタンフォームの硬さの数値がニュートンで表記されています

 

3フォームは2フォームより新しくできたものです
違いは、3フォームでは更なる通気性のUPに加え体重圧の分散効果もUP
より疲労感が軽減されるということです

 

3層構造の役割

A・体の重さを1300の点で支える
B・空気の流れをよくして体の圧を分散する
C・体全体を受け止め自然な寝姿を保つ

パッドは1フォーム
マットレスパッド・ムアツパッドは1層構造のため、全体のNの数値を表記しています

 

たたみ方の違いをチェック

 

ムアツにはたたみ方が2種類あるんだよ

 

2種類とは「三つ折」タイプと丸める「のべ」タイプです

 

三つ折

3つのブロックで構成され、普通のふとんと同様コンパクトに折りたためるので、押入れに楽に収納できます

腰のあたりがへたりやすいので、ウレタンのへたりを感じ始めたら、中のウレタンをローテーションしてください

中のウレタンを出し入れして位置を変えておくと長く使えます

ムアツ三つ折

三つ折タイプ↑

 

のべ

丸めてマジックテープでとめるタイプ
折り目がないため、境目を気にせず寝ることができます

のべタイプ

のべタイプ↑

 

新商品

画像クリックでムアツ新商品「スリープスパシリーズ」へジャンプ↓


 

どうせムアツを選ぶなら新商品がいいわ~

 

そうだね、新しいものほど、進化しているからなあぁ

ムアツの中でもムアツスリープスパというシリーズは新シリーズです
新しく開発された3つ折り3フォームを採用しています

 

新商品のムアツスリープスパ3種類とは?

スリーブスパとベーシックとプラチナムがあります

 

スリープスパ
3種類の中で一番高級
上層・中層に寝返りをサポートする高弾性ウレタンを採用
全層を無膜にすることで通気性をさらに向上

 

ベーシック
3種類の中で人気No.1、硬さはスタンダードとハードがある
価格がリーズナブルなので3種類の中で一番人気があります

 

プラチナム
耐久性に優れていてワンランク上の寝心地
価格はスリープスパよりは安いですが高級です
耐久性UP寝心地の良さをUP
硬さは2種類から選びます

 

価格と硬さの一覧表

価格

3層タイプで3つ折ができる新しいムアツスリープスパ3種類
ベーシックとプラチナムは硬さがそれぞれ普通と硬いの2種類がありますから合計5種類の価格と硬さ表です

SleepSpaX (3つのシリーズの中で一番の高級品)

サイズ 価格(税込) 重さ
シングル 132,000円 8.0kg
セミダブル 165,000円 9.9kg
ダブル 198,000円 11.5kg

    
硬さ目やす⇒★★☆☆☆(硬さはここで見る)
上層 160N・中層 220N・下層 220N(厚さの40%までの押し込み値)     
体重目安⇒~80kg

 

BASIC(ベーシック)(価格がお手頃なので一番人気がある)

 

ハード(硬めが好きな方)

サイズ 価格(税込) 重さ
シングル 66,000円 6.3kg
セミダブル 88,000円 7.7kg
ダブル 110,000円 9.0kg

    
硬さ目やす⇒★★★★☆(硬さはここで見る)
上層 220N・中層 350N・下層 220N(厚さの40%までの押し込み値)   

体重目安⇒100kg前後

 

スタンダード(硬さは普通)一番人気

サイズ 価格(税込) 重さ
シングル 66,000円 6.3kg
セミダブル 88,000円 7.7kg
ダブル 110,000円  9.0kg

  
硬さ目やす⇒★★☆☆☆(硬さはここで見る)
上層 160N・中層 350N・下層 220N(厚さの40%までの押し込み値)    
体重目安⇒~80kg

 

PLATINUM(やや高級品)

 

ハード(一番硬い)

サイズ 価格(税込) 重さ
シングル 88,000円 6.5kg
セミダブル 110,000円 8.0kg
ダブル 132,000円 9.3kg

    
硬さ目やす⇒★★★★★(硬さはここで見る)
上層 240N・中層 200N・下層 220N(厚さの40%までの押し込み値) 

体重目安⇒100kg以上   
   

ハイバウンド(硬さは普通)
サイズ   価格(税込) 重さ
シングル  88,000円  6.5kg
セミダブル 110,000円  8.0kg
ダブル   132,000円  9.3kg
硬さ目やす⇒★★☆☆☆(硬さはここで見る)
上層 160N・中層 200N・下層 220N(厚さの40%までの押し込み値)

体重目安⇒~80kg

 

ムアツの新シリーズの詳細は下記もご参考にしてください↓

まとめ

 

昭和西川のムアツ布団はマツコデラックスさんCMの西川オリジナル布団です

 

ウレタンの凹凸構造で体圧が分散されるため腰に負担がかかりません

ムレにくく保温性も高いので健康に気をつけておられる方は、ぜひ使っていただきたいムアツです

 

クリックで「西川」のムアツ布団にジャンプ↓
あなたの睡眠を変える一枚がここに!昭和西川のムアツふとん!

雲のやすらぎ

雲のやすらぎ

 

ウレタンフォームを使用していて、体圧を跳ね返し腰に優しい「雲のやすらぎ

 

ムアツと比べてどうなの?

 

雲のやすらぎはムアツと体圧を分散する点は同じだけれど・・・

 

違うところがあるよ

 

 

雲のやすらぎとムアツの相違点

相違点

雲の安らぎムアツ違うところは・・・

 

腰痛対策 17cmある雲のやすらぎの方が腰に優しい
柔らかさ ムアツは全体的に硬め、雲のやすらぎの方が柔らかい
返金保証 雲のやすらぎには100日間の返金保証がついている
価格 雲のやすらぎの方が22,000円ほど安い

 

雲のやすらぎは通販限定で店舗も構えておらず、CMをしていないので販売価格が抑えられています
対してムアツはマツコデラックスさんでCMを流し、大都市を始めとして数店、店舗を構えている
その違いが販売価格に出ています

 

雲のやすらぎには返金保証が付いている点は良い点です
100日間、実際に家で寝てみて合うか合わないかを判断でき、合わなければ返金してもらえます

 

ムアツは、新しいタイプの場合ですが、3つ折りして畳める点が収納しやすく良い点と言えます

重さは2社ともそう変わらず、同じくらいです

 

以下は2社の簡単比較表です
ご参考にしてください

 

比較一覧表

  ムアツ 雲のやすらぎ
厚み 9cm 17cm
構造 2層と3層 5層
季節による使い分け 無し 有り(夏、冬で表裏を変える)
返金保証 無し 100日間の返金保証付(100日使って満足できなければ返品できる)
折り畳み機能 新商品は3つ折できる 折り畳めない(たたむ際はゴムバンドで留める)
お手入れ 室内に立てかけるか陰干しする  室内に立てかけるか陰干しする 
素材 ウレタンフォーム ウレタンフォーム
シングル価格(税込) 66,000円 39,800円
セミダブル価格(税込) 88,000円 49,800円
ダブル価格(税込) 110,000円 59,800円
シングル重さ 6.3kg 6.7kg
セミダブル重さ 7.7kg 8.0kg

ダブル重さ

9.0kg 9.4kg
おまけ なし マルチ枕など

 

画像クリックで「雲のやすらぎ」公式販売店へジャンプ↓


カテゴリ:ムアツ布団 

カテゴリー
よく読まれてる記事
最近のコメント

ページの先頭へ